鉄道乗車記・駅探訪・廃線巡り

【ひかり531号】バリ得ひかりを使ってN700Aのグリーン車に乗車

スポンサーリンク


バリ得「ひかり」

日本旅行より販売されている「バリ得こだま・ひかり」。東海道新幹線(JR東海)に「ぷらっとこだま」という商品がありますが、「バリ得こだま・ひかり」はそのJR西日本Ver

JR東海ツアーズで発売されている「ぷらっとこだま」は、商品名通り「こだま」しか選択できません。しかし、日本旅行より発売されている「バリ得こだま・ひかり」は速達種別である「ひかり」も選択可能!

ただ、山陽新幹線の全区間を走る「ひかり」は限られた時間・本数しか走っていないので、タイミングが合わなければ乗車する機会もないのですが・・・。

バリ得ひかり 切符
バリ得ひかり 乗車票

そんな数少ない山陽新幹線全区間を走行する「ひかり531号」に乗車。しかもグリーン車で新大阪⇒博多を移動しました。


ひかり531号 N700A(16両)

朝7時の新大阪駅。岡山・九州方面の時刻がずらっと並び、何なら全種別が表示される貴重な時刻。

山陽新幹線発車案内標(新大阪駅)
朝の新大阪駅 

乗車するのは「ひかり531号」。ひかり531号は名古屋駅始発の便で、停車駅は名古屋~新大阪の各駅・新神戸・姫路・岡山・福山・広島・新下関・小倉・博多。

ひかり号らしい走りを見せているのですが、山口県内の停車駅が新下関。徳山や新山口ではなく、新下関に停車するというのがミソ。また、停車駅が少ないので、新大阪~博多駅間の所要時間は2時間36分。のぞみ号が2時間28分でたったの8分しか違わない。なかなかの早さです。


7時32分 新大阪駅22番線にひかり531号(N700A)が入線

新大阪駅に到着する「ひかり531号」


ひかり 博多」の表示は1日2本しかないレア表示。ちなみにもう1本は、6時台の「ひかり591号」。ひかり591号は通過駅が3つしかなく、所要時間も3時間13分。早さならひかり531号が圧倒的です。

行先案内「ひかり531号 博多」(N700A)


グリーン車

N700Aのグリーン車。座席は2列×2列。座席間隔が広いので、普通車と比べかなりゆったり。

グリーン車 車内(N700A)

グリーン車 座席(N700A)


足元にはフットレスト。N700Aのフットレストは、右側にあるペダルを踏むことでフットレストが開くスタイル。

グリーン車・座席 フットレスト(N700A)
開く前

グリーン車・座席 フットレスト使用時(N700A)
開いた後


テーブルは背面テーブルと肘置きにあるミニテーブルの2種類あります。

グリーン車 座席テーブル(N700A)


なお、ひかり531号では車内販売は行っていないので、飲食物は事前に購入・持ち込む必要があります。

シチリアレモン(新大阪駅で購入)


車内ディスプレイは、グリーン車・普通車共通。

グリーン車 車内インフォメーションボード(N700A)
車内ディスプレイ


車窓(新大阪 ⇒ 博多)

新大阪駅を発車。新大阪発車時点で、グリーン車の乗車率は2割、もしくは1割ほど。平日でしたが、ビジネスマンの姿は少なく旅行者の方が多かったです。

新大阪駅発車(ひかり531号)


山陽新幹線はトンネルが多く、景色を楽しめる区間は少ないです。トンネルの外に出たと思っても山が多く、すぐにトンネルに入る・・・の繰り返し。

車窓(ひかり531号)

新大阪から50分で岡山へ。

車窓・岡山市内(ひかり531号)


8時40分 福山駅停車。

福山駅に到着(ひかり531号)

福山駅のすぐ隣には福山城・・・と思ったら、レールスター(700系)こだまが停車中でした。

少し見える福山城(ひかり531号)
ちょこっと福山城
ひかりレールスターを見る(ひかり531号)

レールスターは山陽新幹線内でしか走っていないので、1回は目にしておきたい新幹線の一つ。


9時4分 広島駅停車

車窓・広島市東区役所(ひかり531号)

9時5分 広島駅発車

車窓・可部線(ひかり531号)
可部線


9時25分:徳山駅通過

徳山駅通過(ひかり531号)
徳山駅通過

9時45分:新下関駅 停車

新下関駅停車(ひかり531号)
新下関駅に停車する16両ひかり

新下関は基本8両編成の車両しか止まらないので、16両編成の車両が止まるのは貴重。


新下関を出発して7分で小倉に停車。反対側は偶然にもN700S(のぞみ18号)。

小倉駅に停車中(ひかり531号)
反対側にN700S

9時55分 小倉発車

10時11分 博多駅到着。

博多駅に到着(ひかり531号)

グリーン車から下車する人は少なかったですが、指定席や自由席から下車している人は結構いました。ひかり号とはいえ、のぞみ号と8分しか所要時間が変わらないので、乗っている人は多かったようです。


ひかり531号の乗車感想としては、グリーン車は乗っている人が少なく快適でした。朝の時間帯ということもあり、乗る人が限られるのでしょうか。

なお、博多発のひかり号も1日2本。朝に1本。夜に1本。朝6時発の便は「レールスター」の車両によって運行されるのでグリーン車の設定がないのと、博多⇒新大阪の所要時間が約4時間。

一方、夜に運転される「ひかり594号」はN700Aによって運行されるので、グリーン車の設定有り。博多⇒新大阪の所要時間は、2時間40分と速達型の設定になっています。

「ひかり594号」はビジネスマンやイベント帰りで利用する人が多いので、日によっては乗車率が高めだったりします。


バリ得こだま・ひかり 料金

区間/普通車指定席料金料金(通常)料金(繁忙期)
博多~新大阪8,600円10,000円
こだま・ひかり号共通料金。グリーン車は片道+1,000円

グリーン車は片道料金+1,000円で乗車可能で、博多~新大阪は9,600円!

博多~新大阪を割引無し(グリーン車)で乗車すると21,350円。通常料金とバリ得ひかりの料金を比べると約55%引き普通車指定席は約44%引き)。

区間選択について、関西側は新大阪~姫路。九州側は博多・小倉が選択可能。区間によって料金が異なるので、詳細な料金は日本旅行のホームページを確認!

バリ得こだま・ひかり(日本旅行)


それでは、今回はここまで!



N700S グリーン車乗車記

N700S・快適グリーン車で東京~名古屋をゆったり移動【乗車記&座席探訪】


鉄道乗車記は、他にも色々!

鉄道乗車記の一覧はこちら


乗車日:2022年7月1日

スポンサーリンク

サイト内検索

トップページへ戻る

SNS

    -鉄道乗車記・駅探訪・廃線巡り
    -, , , , , , ,