旅行記・宿泊記

夏の八ッ場ダムと八ッ場あがつま湖を不動大橋から眺める!

スポンサーリンク

前回:吾妻線で川原湯温泉駅までやってきました!(←吾妻線乗車記)

今回は、夏のお昼という一番暑い中、不動大橋から八ッ場ダムと八ッ場あがつま湖を眺めてきました。

八ッ場ダム完成によって生まれた貯水湖・八ッ場あがつま湖

川原湯温泉駅前~不動大橋まで歩いて移動

キャンプ場前から撮影した八ッ場あかつま湖

「八ッ場ダム」と聞いたら大体の方ならご存知ではないかと思いますが、運用開始まで工事⇒中止⇒工事再開など色々あったダムです。
2020年4月1日から運用開始と、つい1年前に運用し始めたばかり。出来たてホヤホヤのダムです。

川原湯温泉駅前のキャンプ場前から撮った八ッ場吾妻湖

手前に写っているのはキャンプ場です。

八ッ場あがつま湖と不動大橋
八ッ場あがつま湖を真正面に望む


左から吾妻線、キャンプ場、不動大橋。

吾妻線・キャンプ場・不動大橋が写っている

この後、不動大橋まで歩きます。距離も駅から800m程とそこまで離れていないです。

今度は、吾妻線とキャンプ場、八ッ場あがつま湖、そして山々。なんとなくバランス良く撮れた気がします。

道路から吾妻線と八ッ場あがつま湖を眺める

 駅と不動大橋の中間地点には各地へ向かうための交差点があります。ちなみに案内板の高崎方面は何も表示されていないですが、グーグルマップ上では県道377号線となっているようです。

川原湯の道路標識

そして高崎方面に行く為のトンネル「大柏木川原湯トンネル」

全長がなんと3005m

大柏木川原湯トンネル

 高速道路とかでは山越え区間でよく見る長いトンネルですが、一般道でここまで長いトンネルは知りません。探せばあるんでしょうが・・・
このトンネルは川原湯峠を超えるためのトンネルのようです。

トンネルが長いこともあり、トラックが近くにいないのにトラックが走って来ていることが分かりました(笑)
また、トラックや一般車がトンネルの空気を押し込んでくれるおかげか、トンネルの入口付近にとても涼しい空気が流れてきて、とても気持ちよかったです(^^)

不動大橋から八ッ場ダムと八ッ場あがつま湖を望む!

さて、川原湯温泉駅から歩くこと10分少々。不動大橋に到着しました!

不動大橋から八ッ場あがつま湖を望む

拡大して撮ってみると、奥の方にもう1本・橋とダム本体があります。
目の錯覚で橋とダムが一緒にあるように見えますが、実際は橋とダムは分かれています。

八ッ場ダムと八ッ場大橋


更に拡大して撮影。ここだけ見るとダムの上に道路があるように見えてしまいます(笑)
自分は錯覚に騙されました()

八ッ場ダムを近くで撮影

不動大橋から見る川原湯温泉駅。駅手前に見える橋の上から先程の写真は撮影しました。

不動大橋から川原湯温泉駅を眺める

不動大橋に到着

不動大橋の開通日:2011年
全長590m・高さ86mです。

不動大橋

不動大橋から川原湯温泉駅、八ッ場ダム方向を望む

不動大橋から川原湯温泉駅周辺・全体を撮影。山が濃い緑で夏!という感じがします

不動大橋から川原湯方面

不動大橋から八ッ場大橋方面。八ッ場あがつま湖全体を撮影。

不動大橋から八ッ場あがつまダムを眺める

下の写真は国道145号線の橋。こちらは以前から存在しているようです。

国道145号線の橋
国道145号線


不動大橋からの景色。現在の風景と見比べてみると面白いかと思います。

不動大橋にあった八ッ場あがつま湖のマップ
不動大橋にあった八ッ場ダムの地図

不動大橋から八ッ場あがつま湖を見てみます。写真ではそこまで高さを感じませんが

実際は結構な高さがありますので、高所恐怖症の方はご注意を!

不動大橋から旧吾妻線方面を眺める

ちなみに旧吾妻線が見れるかと思いましたが、残念ながら水位が高く見ることができませんでした。


八ッ場ダムと八ッ場あがつま湖の説明。満水の時と最低水位では47m違うみたいです。

八ッ場あがつま湖の水深
八ッ場ダムと八ッ場あがつま湖の説明

ここまで八ッ場大橋・八ッ場ダム方面を見てきましたが、今度は反対側を見てみます。

不動大橋から長野原草津口方面を望む

反対側にやってきました。
こちらはこちらで景色がいいですね。

不動大橋から長野原草津口方面を眺める

なんとなくですが、中国にある山の奥地みないな雰囲気を感じます。

不動大橋から八ッ場あがつま湖・長野原草津口方面を眺める

不動大橋を反対側からパチリ📷

不動大橋の反対側を撮影

なんとなく気になったので撮りましたが、真ん中下にある右カーブが吾妻線の廃線跡でしょうか?

旧吾妻線を不動大橋から眺める

 結局、今回は湖の水位が高く、不動大橋からははっきりとした吾妻線の旧線を見つけることは出来ませんでした。いつか、雨が少なく湖の水位が低くなった時、吾妻線の旧線跡が見られるといいなと思います。(水位が低くなりすぎるのもあまりよくないですが・・・)

不動の滝を見て、川原湯温泉駅へ

不動大橋を往復したは、「不動の滝」が見えてきました!

夏でも周りが緑で、いい感じに写真映えしますが秋の紅葉時期になると、もっといい写真が撮れるとのことです。実際に、案内にも紅葉の時期がオススメ的なことが紹介されてました。

不動の滝のビュースポット

「不動の滝」の説明と松の木。周りに松の木が無いので、松の木がとても目立ちます。ひと目見て松の木だと分かりました。

不動の滝にある松の木
「不動の滝」の説明


不動の滝を見た後は、最後にもう一度八ッ場ダム方面を撮影。

最後に八ッ場あがつま湖を眺める

今度行く時は夏以外の時期に行きたいと思います。また、駅近くの温泉施設(あそび基地・NOA)でレンタサイクルができるそうなので、自転車に乗って探索してみたいです。

群馬県の観光ホームページ(外部に飛びます!)


八ッ場ダムと八ッ場あがつま湖を一通り見た後は、川原湯温泉駅に戻りました。

川原湯温泉駅の駅名標

 この後は再度、吾妻線に乗車し、吾妻線の終点・大前駅まで向かいました!

 川原湯温泉駅に来てから1時間30分弱滞在しましたが、とても充実した時間でした。

 八ッ場ダムや八ッ場あがつま湖、不動大橋に不動の滝と短時間に様々な物を見ることができました。今度来る際はもう少し時間を取って、駅前にある温泉に入ったり、レンタサイクルで八ッ場大橋を通ったり八ッ場ダムをもっと近くで見たいと思いました。

訪問日:2021年8月27日

スポンサーリンク

サイト内検索

トップページへ戻る

SNS

    -旅行記・宿泊記
    -, , , ,