鉄道乗車記・駅探訪・廃線巡り

【特急ロマンスカー・VSE】白が特徴の小田急50000形・列車&座席探訪

スポンサーリンク

皆さんこんにちは。こんばんは。おはようございます。

2021年12月に小田急のニュースリリースで出された特急ロマンスカー・VSE(50000形)の引退発表 。特急ロマンスカーの車両で乗車できていなかったVSEですが、これを機に早速乗車してきました。

小田急のニュースリリース(特急ロマンスカー・VSEの定期運行終了)

今回はVSE(50000形)の座席と車内設備を少しですが見てきたので、紹介していきたいと思います。乗車記については、別途纏めていますので、そちらをご覧ください。


特急ロマンスカー50000形・VSE

この日のVSE乗車地点は本厚木駅からスタート。なぜ本厚木になったかというと、乗車記にも纏めていますが特急さがみ74号の前面展望座席に座ることができたからです(座席からの様子は乗車記の方で・・・)。

特急さがみ74号・ロマンスカーVSE

車両側面には「ODAKYU SUPER EXPRESS50000 ROMANCECAR VSE

小田急50000形・ロマンスカーVSE


車両の外観

VSEの特徴は、車両全体が白をベースに側面にはオレンジバーミリオン色のラインが入っていることです。「シンプル、だがそれが良い!」・・・という感想です(笑)

VSE10号車
10と書かれている扉は非常口


本厚木駅はカーブのある駅になっているので、乗車ホームから車両全体を撮ることはできません。なので、何回かに分けながら撮っていきました。この日は平日でしたが、私と同様に、VSEを目的に写真や動画を撮る方、VSEへ乗車する方が何人もいました。

VSE7号車

また、特急ロマンスカーの特徴に、窓枠が少なく窓からの景色が見やすいというのがあると思います。そのおかげで景色がとても見やすく、乗車する方にとっては、とても嬉しい設備になっています。特に、反対側の座席の景色が見やすいのは嬉しいです。

VSE4号車

座席・設備

VSEの座席や設備をピックアップしながら紹介していきたいと思います。


10号車(前面展望座席)

VSEの各車両の入口にはすりガラスがあり、扉右中央辺りに手を当てることで扉が開く仕組みになっています。他のロマンスカー車両がどのようになっていたかは忘れましたが、VSEはすりガラスによってデッキから座席が見えないようになっています。

VSE10号車への扉


新宿方面は前面展望、小田原方面の時は後面展望になる10号車に入ってきました。一番前が展望できるようになっているため、全体的に開放感があります。ちなみに運転席は、前面展望座席付近にある階段によって行くことができますが、乗客が乗っている時は収納されているため分かりません。

ロマンスカーVSE10号車の車内

前面展望座席の一番前の座席は取れませんでしたが、前から4番目でも十分に前面展望は楽しめます。

ロマンスカーVSE10号車の前面展望


前面展望座席の設備を見ていきたいと思います。座席周辺は背面テーブル収納ポケットと他の特急車両にもよくある設備が揃っています。

ただし、VSEにはコンセントがありませのでご注意を!
事前に充電をフルにするか、モバイルバッテリーを持ってきましょう!!

ロマンスカーVSE前面展望の座席

背面テーブルは大きく、弁当やパソコン・タブレット、ドリンクを置くには十分なスペースがあります。耐荷重10kgなので、余程重たい荷物を置かない限り壊れることはありません。

ロマンスカーVSEの前面座席背面テーブル


前面展望席には実はもう一つ使用できるテーブルがあります。窓側の座席に座っている人のみ使用できますが、座席横にあるミニテーブルです。

ロマンスカーVSEの前面展望の座席スペース
前面展望席以外は座席を回転しないと使用できない

ミニテーブルは背面テーブルに比べてとても小さく、ドリンクやスマホといった小さいもの専用といったところでしょうか。

ロマンスカーVSE前面展望座席にあるミニテーブル

ミニテーブルの耐荷重は、背面テーブルと同じ10kg。意外としっかりものです。

ロマンスカーVSE前面展望座席にあるミニテーブルの耐荷重は10kg


前面展望席の足元は広々としており、ゆったりと座ることができます。

ただし、前面展望座席には座席上の収納スペースが無いので、スーツケースといった大きい荷物を足元に置くと少々窮屈になると思います。
Google検索やYoutubeの動画でも意外と紹介されてないので、大きい荷物を持って前面展望席に乗る人が少ないでしょうか・・・?

ロマンスカーVSE10号車の前面展望座席のシートピッチ


続いて、前面展望席から一般席を見てみます。と言っても、基本的には他の車両と同じ座席なので、特にこれと言った特徴はありませんが・・・。強いて言うなら、非常口付近の座席は足元はとても広いです!

VSE10号車の前面展望後ろの座席

前面展望と一般席の間には、非常口が設置されています。その為、非常口付近の座席はとても広々としています。飛行機と同じで、非常時に逃げやすくするために、スペースが大きく取られています。

ロマンスカーVSE10号車に非常口

非常口の近くには、「非常用」と書かれた注意書きがあります。10号車の乗降は9号車のドアで行う必要があります。

ロマンスカーVSE10号車の非常口案内

なお1号車も同様で、1号車には乗降するためのドアがなく、2号車のドアから乗降する必要があります。

それにしても、まさかとは思いませんが、この扉から降りようとした人はいないですよね・・・w


9号車デッキ(10号車側)

9号車のデッキに移動してきました。写真のドアは9号車と10号車の中間にあるデッキで、10号車へ行く場合はこのドアから行く必要があります。

VSEロマンスカーの9号車のドア

9号車のデッキにはゴミ箱が設置されています。燃えるゴミとペットボトル・缶・ビンを捨てることができます。

VSEロマンスカー9号車にあるゴミ箱

デッキには車内の設備を紹介しているプレートがあります。このプレートは途中で修繕していないのか、所々で剥がれているところがありました。

VSEロマンスカーの車内案内・1~6号車
1~5号車の車内案内
VSEロマンスカーの車内案内・6~10号車
6~10号車の車内案内


デッキ上には車両の製造プレートと車両番号があります。今回乗った車両は2005年(平成17年)に製造された車両でした。

ロマンスカーVSEの9号車にある車両製造プレート


9号車(通常座席)

9号車は一般席となっており、9号車以外にも2・4~7号車は同様の車内になっていると思います。それにしても窓が大きいですね。

ロマンスカーVSEの9号車車内
一般席にはちょっとした仕掛けが・・・

一般席の座席は、座席上に荷物スペースがあるということもあり、展望席に比べると若干ですが足元が狭くなっています。

ロマンスカーVSE9号車の座席・一つだけ

その証拠に、窓側のミニテーブルは座席を回転しないと使用できない仕組みになっています。展望席では、座席を回転しなくても使用可能でしたが、一般席は制約付きです。

ロマンスカーVSEの通常テーブルは座席を回転しないと使用できない


VSEの座席配置は、一部を除き2列×2列の4列席になっています。また、座席は全てオレンジ色がベースになっています。

ロマンスカーVSEの座席・2つ分

そのVSEの一般座席は座ってみると分かりますが、座席が真っ直ぐ向いていません!実際に座るまで分かりませんでしたが、座席は真っ直ぐではなく窓側に向かって斜めになっています(但し、展望席は通常通り真っ直ぐ)。

ロマンスカーVSEの座席・横から

上にある車内全体の写真をよく見ていただくと、少しだけ座席が窓側に向いています。調べてみると、景色が見やすいように5度傾いているとのことでした。


8号車

8号車は座席数がたったの10席しかなく、しかもインターネットでは購入できない座席になっています。

その理由として、8号車が車椅子利用者や付き添いをされる方を優先に予約を受付しているからです。一般の方も利用可能ですが、直前ではないと販売してくれないようです。

VSEロマンスカー8号車の座席


8号車の3分の1は先程の座席スペースでしたが、残り3分の2には座席がなく、車内販売用のカウンターブースとお手洗いがあります。

VSEロマンスカーの8号車カウンターブース
車内販売を行っていたカウンターブース


8号車にはお手洗いがありますが、9・10号車には設置されていません。その為、9・10号車に乗車していてお手洗いにいく場合、8号車の小田原よりまで移動する必要があります。

ロマンスカーVSEの8号車にある男子トイレと洗面台
お手洗い3箇所と洗面台があります

3号車(サルーン席)

誰もいないことを確認して写真を撮った3号車のサルーン席。

VSEにもサルーン席が3部屋あります。ボックスシートの形で、乗車には利用人数分の運賃とサルーン料金(特急料金4人分)が必要です。利用人数の制限はなく、1人でも利用可能ですが、その分1人当たりのサルーン料金が高くなります。

小田急の特急料金(小田急のページに移動します)

ロマンスカーVSEの3号車にあるサルーン席


車内ディスプレイ

各車両・車内の扉上にはディスプレイがあります。

特急ロマンスカーさがみ74号・新宿ゆき

出発前に表示される特急名と行き先案内。始発駅・途中の停車駅に停車している時以外は表示されません。

ロマンスカーVSEの車内ディスプレイ・特急さがみ74号新宿行き


走行時のディスプレイ表示。出発後~停車駅到着前は、この画面が基本になります。

ロマンスカーVSE・走行中のディスプレイ


終点の新宿駅に到着した時の表示。

ロマンスカーVSE・新宿駅に停車中のディスプレイ

特急ロマンスカーはこね11号・箱根湯本ゆき

ロマンスカーVSEのディスプレイ・特急はこね11号箱根湯本行き
出発前

ロマンスカーVSEのディスプレイ・途中停車駅案内
途中の停車駅案内


ロマンスカーVSEのディスプレイ・まもなく小田原に到着
到着前1

到着駅で乗換路線がある場合は、乗換路線の案内があります。

ロマンスカーVSEのディスプレイ・小田原駅の乗換案内
到着前2

終わりに

簡単にですが、特急ロマンスカーVSE・50000形の車内紹介でした。

 新宿駅ホームにあった歴代ロマンスカーの紹介では、VSEは2005年にデビューしたとのことで、運行が開始して17年で終止符を打ちます。運行終了させるには早いような気もしますが、小田急側にとって運行を終了せざる得ない理由があったと思います。

VSEの運行終了まで、あとわずか。色々とあると思いますが、乗車する・しないで悔いの選択をしてください!

それでは・・・の前に。VSEの正式名称は

VAULT SUPER EXPRESS 50000

です。

ということで、今回はここまで!


特急ロマンスカー・VSE乗車記(本厚木⇒新宿)

新宿へGo!小田急特急ロマンスカー・VSEの前面展望席に乗ってきた【特急さがみ74号乗車記】

新宿駅停車中のロマンスカー・VSEをホームから見学【特急はこね11号】


小田急駅探訪

【小田急】利用者が2番目に少ない足柄駅を訪れてみた



その他・関東圏の私鉄

【日光詣スペーシア】JR直通・特急スペーシアきぬがわ6号に乗車!

【駅巡り】京成アクセス特急・成田空港駅を探訪

【駅巡り】各駅への運賃が高い京成成田スカイアクセス線・成田湯川駅

乗車日:2022年1月17日(月)

スポンサーリンク

サイト内検索

トップページへ戻る

SNS

    -鉄道乗車記・駅探訪・廃線巡り
    -, , , , , ,