鉄道乗車記・駅探訪・廃線巡り

【乗車記】富山地方鉄道へ移籍した元・西武鉄道ニューレッドアロー(NRA)に乗車&座席探訪

スポンサーリンク


富山地方鉄道に移籍したニューレッドアロー

この日は、立山・黒部ダムへ行く予定になっており、朝早くから行動。
立山までは富山地方鉄道(地鉄)の普通列車に乗るため、朝の6時前に電鉄富山駅へ来ていました。

電鉄富山駅の発車案内
電鉄富山駅の発車案内

電鉄富山~立山駅間を直接結ぶ列車があるので、本来はそちらに乗車します。


ところが、ホームを見てみると・・・

電鉄富山駅に停車中のニューレッドアロー
ニューレッドアロー(左)

不二越・上滝線経由岩峅寺行きに、あの「ニューレッドアローNRA)」が使用されていました。「これは乗るしかない!」ということで、岩峅寺行きの普通列車に乗車することに。

では、ニューレッドアローの隣にいる「普通 立山」と書かれた列車に乗らないのか?
実は、乗車するニューレッドアローの岩峅寺行きが岩峅寺駅へ先に到着。岩峅寺駅で、電鉄富山駅を3分早く発車する立山行きに乗り換えます。



富山地方鉄道のニューレッドアローは3両編成。西武鉄道の時は、7両編成で運転されていたと思います。

3両編成のニューレッドアロー
普通列車・岩峅寺行き(南富山経由)
方向幕

方向幕も富山地方鉄道の仕様になっています。



移籍後の車内

ニューレッドアローが改造を施された証拠「改造 稲荷町TC 令和四年」。令和四年(2022年)なので、運行の直前まで改造工事が行われていたようです。

富山地鉄の稲荷町工場で改造を受けたニューレッドアロー


1号車

1号車にしかない設備を幾つか紹介。

1つ目が富山地方鉄道グッズの自動販売機。

富山地方鉄道のニューレッドアロー、1号車にある地鉄のグッズ自動販売機
富山地方鉄道のニューレッドアロー、1号車の自動販売機に貼られている広告

様々な地鉄グッズが販売されており、お土産にいいかもしれません。



2つ目にトイレ。
トイレは、男女共用と男性専用があります。しかし、男性専用は「使用できません」の張り紙が貼られています。地方の鉄道ということもあり、トイレは1つで足りるのだと思われます。

富山地方鉄道のニューレッドアローにある男女兼用トイレ(使用可)
男女兼用(車椅子対応・使用可能)
富山地方鉄道のニューレッドアローにある男性用トイレ(使用不可)
男性専用(使用不可)



3つ目に洗面台。こちらは地鉄へ移籍しても利用可能。カーテンも付いており、プライベート空間を作り出すことができます。

富山地方鉄道のニューレッドアローにある洗面台
カーテン付きの化粧室



続いて座席。

座席は、西武鉄道で使用されていた時と同じ座席が使用されています。
ただ、西武鉄道の時と違い、富山地方鉄道では主に普通列車として使用されます

ニューレッドアローの車内(富山地方鉄道Ver)
あらかじめボックスシートで配置

富山地方鉄道の他の車両は、座席がボックスシートになっています。ニューレッドアローもボックスシートになるよう、あらかじめ一部座席が転換されていました。



続いて1号車と3号車で確認した運賃表。

車内にある運賃表

運賃表も富山地方鉄道に移籍してから新設されています。先頭車両の車内、先頭座席の目の前に設置されていました。


3号車

車内の一番の改造といえば、3号車に設置された優先座席。
2列×2列、縦に配置されていた座席を横向きに。ロングシートへ改められました。

ニューレッドアローに新設されたロングシート(富山地方鉄道・3号車)
3号車に設置

また、優先席付近にはつり革も設置され、今までのニューレッドアローの車内を一新した形になっています。



3号車の一部は優先席になっていますが、残りは今までのニューレッドアローの車内。

富山地方鉄道のニューレッドアロー・3号車の座席

と思わせつつ、優先席の近く。もともと車内扉があったところに、車椅子スペースが設けられています。

富山地方鉄道のニューレッドアロー・3号車の座席



座席の背もたれにあったテーブルは、富山の地に行っても残っています。
座席を回転すれば、使用できると思います(今回は確認していません)。

富山地方鉄道のニューレッドアロー、座席の背もたれ
座席背もたれのテーブルは残っている(1・2号車も同様)


3号車⇒1号車方向に撮影。

富山地方鉄道のニューレッドアロー、3号車から1号車方面

西武鉄道の時にあった車内扉が全て無くなっているので、車内の一番前から一番後ろまで見通すことができます。


運賃箱と整理券発行機

先頭車(1・3号)、運転席後ろに整理券発行機と運賃精算箱。

運転席後ろにある整理券発行機と運賃箱

地方の鉄道では整理券と運賃箱は必須なので、運転席後ろに新たに設置されています。



その他

ニューレッドアローに乗車し、岩峅寺駅へ。

稲荷町には、初代レッドアローがいました。地鉄では「アルプスエキスプレス」として使用されています。

富山地方鉄道・稲荷町の車庫に停車中の初代レッドアロー
初代レッドアロー(左)


ニューレッドアローの窓は元々大きかったですが、座席がボックスシートになっているので、車窓を更に楽しめます。

ニューレッドアローの車窓(立山)
地鉄沿線で観れる立山


岩峅寺駅に到着したニューレッドアロー。折り返しの普通・電鉄富山行きに方向幕が変わっていました。

岩峅寺駅に停車中のニューレッドアロー

ニューレッドアローの一つの特徴として、走行中の爆音があると思います。しかし、この日乗車した不二越・上滝線は駅間が短く、速度もあまり出さない為、西武鉄道の時のような爆音を聞くことはありませんでした。

次に乗車する時は、ニューレッドアローの特徴の一つでもある、走行中の爆音を楽しみにしたいと思います(笑)

ニューレッドアロー号の営業運転開始について(富山地方鉄道)
※現在は、上記ページと全く違う時刻で運転されています。

それでは、今回はここまで!


鉄道乗車記は、他にも色々!

鉄道乗車記の一覧はこちら

スポンサーリンク

サイト内検索

トップページへ戻る

SNS

    -鉄道乗車記・駅探訪・廃線巡り
    -, , , ,