鉄道乗車記・駅探訪・廃線巡り

国鉄世知原線が分岐していた松浦鉄道・吉井駅(旧国鉄松浦線)を探索

スポンサーリンク

2022年2月中旬。
暇・・・時間を持て余していたので、旅名人の九州満喫きっぷを使用し、久しぶりに松浦鉄道へ乗車。

松浦鉄道では、伊万里⇒有田⇒伊万里⇒佐世保方面というルートで乗り鉄。

長崎県・吉井駅で途中下車し、以前から気になっていた吉井駅の探索と国鉄世知原線の廃線跡を少しだけみてきました。

国鉄世知原線の線路跡を松浦鉄道の線路上から

伊万里方面から吉井駅に到着する直前、車窓の左をよく凝らして見ると道路の方から松浦鉄道の線路に向かってくる謎のスペースがあります。
田んぼと同化しつつありますが、この空き地こそ国鉄世知原線の跡になります。

吉井駅手前にある旧世知原線跡

この辺りは向かいにある道路から撮った写真もあるので、別角度の写真とともにまた後ほど。

吉井駅手前にある旧世知原線跡

松浦鉄道・吉井駅(旧肥前吉井駅)

吉井駅(長崎県)に到着。
現在の松浦鉄道の吉井駅は2面2線。乗ってきた列車は対向列車の待ち合わせで数分停車していました。

松浦鉄道・吉井駅に停車中の列車


松浦鉄道・吉井駅(長崎県)

吉井」が付く駅名は松浦鉄道以外にも群馬・上信電鉄福岡・JR九州の久大本線(筑後吉井駅)の3つあります。「吉井駅」だけで検索するとややこしくなるので、県名か路線名も添えると検索しやすいです。

松浦鉄道・吉井駅の駅名標

また、松浦鉄道西九州線(旧国鉄松浦線)の吉井駅は、1971年12月に廃止された世知原線の起点駅でもあります。



吉井駅の各ホームは構内踏切で行き来できます。
構内ホームの中間は広く開いており、中間線があったのではないかと思われますが、調べた限りでは分かりませんでした。

松浦鉄道・吉井駅の構内踏切

現在、伊万里方面が停車しているホーム(写真の右側)の佐世保方面にも信号があり、折り返しが可能になっています。

松浦鉄道・吉井駅の構内踏切(佐世保方面)

吉井駅に駅舎はありませんが、上下線のホームには待合室が設置されています。

松浦鉄道・吉井駅の待合室(伊万里方面)

桜の木とかつて使用していた線路

現在の佐世保方面ホームの隣を見ると桜の木がずらっと並んでおり、桜の時期になると写真映えするスポットとなっているようです。
そんな桜の木の隣には何やら古い線路があります。

吉井駅の現ホーム横にある世知原線の跡


近づいてみると、所々線路は埋まっていますが現在も線路が残っています。
恐らくですが、世知原線の列車貨物営業を行っていた時に使用されていた線路だと思われます。

現ホーム横にある線路跡・松浦鉄道吉井駅


線路は途中で途切れていますが、佐世保方面には現在も線路が残されています。

松浦鉄道吉井駅の現ホーム横にある線路跡・佐世保方面


桜の木は、吉井駅ホームを沿うように続いています。

松浦鉄道吉井駅の現ホーム横にある線路跡・伊万里方面


桜の木に沿うように続いていた道は線路を渡る直前で終了。立入禁止のマークはありますが、道路は線路を超え、反対側の一般道まで続いています。恐らく、線路保守の車両等が、この道を使っていると思われます。

松浦鉄道・吉井駅にある立入禁止のマーク(伊万里方面)

桜の木と吉井駅ホーム。

桜の木と松浦鉄道・吉井駅

吉井駅は1970年まで貨物営業1971年まで世知原線の運行があったので1972年以降に桜の木は植えられたと思われます。

桜の木と松浦鉄道・吉井駅(世知原線跡)

今度は佐世保方面の立入禁止エリア手前まで来ました。桜の木は続いていますが、立ち入ることはできません。

松浦鉄道・吉井駅にある立入禁止のマーク(佐世保方面)


佐世保方面のホーム端から分岐器(佐世保方)を望遠カメラで撮ってみました。
先ほど紹介した線路は今も使用している線路と合流していたようですが、現在は線路が分断され乗り入れできないようになっています。

松浦鉄道・吉井駅にある線路跡と現存する線路

国鉄世知原線跡をちょっとだけ探索

それでは、国鉄世知原線の跡を少しだけ追ってみたいと思います。
世知原線の列車がどのホームから出発していたかは調べた限り分かりませんでした。恐らく、線路が途切れていたホームから出発していたと思われます。

松浦鉄道・西九州線と世知原線跡(吉井駅・長崎県)

上の写真に写っている踏切から吉井駅を見てみます。
現在は2面2線の一般的な駅になってますが、かつては貨物の取扱いや世知原線の乗り入れがあったので、広大な駅だったと思われます。

松浦鉄道・吉井駅全体


踏切から吉井駅の反対側を撮影。松浦鉄道の線路がありますが、その右側に空き地があり、その空き地を世知原線は走っていたのでしょう。

松浦鉄道・西九州線と国鉄・世知原線跡


県道54号線が松浦鉄道を跨いでいたます。その県道54号線から松浦鉄道の線路を見ると、線路の隣にもう1本線路が敷けそうなスペースがあります。50年前までは国鉄世知原線の線路が敷かれていたと思います。

松浦鉄道・西九州線と国鉄世知原線跡


先ほどの場所から県道54号線を少し歩き、冒頭の列車内から撮った写真の場所まで戻ってきました。
松浦鉄道の線路は左に大きくカーブしていますが、右側に進む土手があります。

松浦鉄道・西九州線と国鉄世知原線が分岐していた場所


踏切がありますが、その踏切手前に謎のスペース・・・というより、世知原線の廃線跡です。
吉井駅から少し離れたところで、国鉄松浦線と世知原線はそれぞれの方向に分かれていました。

松浦鉄道・西九州線と国鉄世知原線が分岐していた場所

松浦鉄道の踏切標識とは別に吉井町が設置した注意看板が手前あります。
松浦鉄道の線路からはだいぶ手前にありますが、国鉄世知原線がある時代から設置されているとしたら、この看板は何年設置されているのかな・・・

松浦鉄道・西九州線の踏切と国鉄世知原線跡


国鉄世知原線は写真左下の草木がある所から、写真真ん中にある交差点方面に伸びていました。
交差点付近は道路に改良されているので、線路跡がまったくありません。

国鉄・世知原線の線路跡


交差点の所まで来ました。
交差点付近は流石に何も残ってないですが、交差点を過ぎると民家の裏手を通るように国鉄世知原線の線路跡を舗装した道路が続いています。

国鉄世知原線跡・吉井駅近くの信号から世知原方面

先ほどの交差点から吉井駅方面。
交差点から吉井駅方面を見ると、国道54号線の橋下へ続く線路跡がはっきり分かります。

国鉄世知原線跡・吉井駅近くの信号から吉井方面


交差点を渡り、線路跡を舗装した道路の所までやってきました。
国鉄世知原線は国鉄松浦線と別れた後は、右にカーブして世知原方面に進んでいました。


世知原線の線路跡は道路やサイクリングロードに転用。道路については、大型車両の通り抜けできません。一般車だと通れそうでした。

国鉄世知原線跡を活用した道路
世知原方面

国道54号線から直接乗り入れることもできますが、道路の転用区間はそれほど長くはありません。世知原方面のほとんどはサイクリングロードに転用されています。

国鉄世知原線跡を活用した道路・吉井方面
松浦鉄道・吉井駅方面

この先も線路跡は続いていますが、時間がないのでこの辺りまで。
下の写真、奥の柵辺りからサイクリングロードとして転用されているみたいです。

国鉄世知原線を活用した道路・世知原方面

ちなみに吉井駅~世知原駅間は6.7kmですので、頑張れば片道だけ徒歩移動も可能な距離です。
世知原からはバスも出てますので、時間さえ合えば世知原線の廃線後巡りは難しくはないはずです。


最後に、国鉄世知原線の線路跡から松浦鉄道(旧国鉄松浦線)の吉井川橋梁を見て終わりにします。
アーチ橋の吉井川橋梁は、吉井駅から600mほど伊万里方面に進んだ所にあり、国の登録有形文化財に登録されています、世知原線の線路跡からも4連アーチ橋を綺麗に見ることができます。
列車が通ると完璧でしたが、次の列車が迫っていたので、今回は諦めました。

国鉄・世知原線の線路跡から見える松浦鉄道・西九州線

それでは、国鉄世知原線の線路跡巡りと吉井駅の探索はここまで。

日本最西端の駅・たびら平戸口駅や佐々駅も探訪したので、そちらも是非ご覧ください!

吉井駅(長崎)のマップ



道路で分断された伊万里駅を探索してみた(JR九州&松浦鉄道)


その他・九州の乗車記はこちら

訪問日:2022年2月20日(日)

スポンサーリンク

サイト内検索

トップページへ戻る

SNS

    -鉄道乗車記・駅探訪・廃線巡り
    -, , , , , ,