鉄道乗車記・駅探訪・廃線巡り

キハ85系による特急ひだ3号乗車記(名古屋⇒富山) 窓枠ありの座席に乗車してみた

スポンサーリンク


とある6月末、今まで一度も行ったことの無い立山・黒部ダムへ。


色々調べ、JR東海より発売されている「立山黒部アルペンきっぷ」を使うことに。
名古屋発は、高山本線&中央本線もしくは北陸本線&中央本線のルートが選べました。2ルートありますが高山本線&中央本線ルートの富山⇒長野へ抜けるルートを選択しました。

高山本線では、特急ひだの乗車が可能で指定席もOK
せっかくなので、特急ひだ3号に乗車。定期列車から退きつつあるキハ85系に乗車してきました。
(乗車日:2022年6月)


特急ひだ3号 富山行き

8時30分頃に特急ひだの始発・名古屋駅のホームへ。

名古屋駅の駅名標
駅名標
名古屋駅の発車案内標
発射案内標

発車案内に停車駅の案内が表示されてますが、特急ひだ3号の途中停車駅は、
岐阜、美濃太田、下呂、高山、飛騨古川、猪谷、越中八尾終点の富山

特急ひだ3号の特徴として、主要駅のみ停車かつ通過駅での運転停車がありません
そのため、名古屋から高山まで2時間15分富山まで3時間48分で結びます。


キハ85系

出発時刻の10分前、特急ひだ3号になるキハ85系が入線。

名古屋駅に入線するキハ85系
名古屋⇒岐阜はr先頭車
名古屋駅に停車中のキハ85系・特急ひだ3号
岐阜⇒高山は先頭車
キハ85系


キハ85系の連結部。
特急ひだ3号は,,、途中の高山駅で車両の切り離しを行います。この日は4両が富山へ。それ以降は、高山までの運転となっていました。

キハ85の連結部分
左が富山行き、右が高山行き


富山へ行く列車の方向幕は「富山」。高山までの列車の方向幕は「高山」になっていました。

キハ85系・方向幕(特急ひだ富山)



普通車・車内

キハ85系・7号車(富山駅)
富山駅にて

座席は2列×2列の配置。真ん中の通路と座席には段差があり、座席の位置が通路より少し高くなっています。


座席の背もたれにテーブルが一つ。ドリンクホルダーはないので、ドリンクはテーブルに置くか、窓横にあるスペースに置く形になります。

キハ85系の座席
コメダ珈琲のチルドカップを特急ひだ3号の車内で飲む
コメダ珈琲 まろやかミルクコーヒー

このブログで何回か登場?している、コメダ珈琲のチルドカップ(まろやかミルクコーヒー)。JR東海の列車に乗ると、旅のお供になるドリンク。

でも、コメダ珈琲のチルドカップが登場するということは・・・
特急ひだでは車内販売の営業ありません!(飲み物の自動販売機はあります)

飲食物は事前に売店で購入、持ち込む必要があります。


車窓①:名古屋 ⇒ 高山

定刻通りに出発した特急ひだ3号。
名古屋~岐阜駅間は、座席の向きとは逆向きに走行します。

新幹線と並行して走行する特急ひだ3号
東海道新幹線
名鉄ミュースカイと並走(一宮)
尾張一宮駅(名鉄・ミュースカイ)

車内ですが、名古屋からの乗車は全体の半分ほど。空いている座席が目立ちましたが、岐阜駅でそれは無くなります。


岐阜駅に到着。

岐阜駅でもそれなりの乗車があり、乗車した7号車に関して言えば窓側の座席は埋まりました。

キハ85系の電光掲示板(岐阜駅)
岐阜駅で方向転換



岐阜駅で2~3分停車したのち、岐阜駅を出発。
進行方向を転換し、東海道本線⇒高山本線に入ります。

東海道本線から高山本線に入る特急ひだ3号
東海道本線を右手に高山本線へ


岐阜駅を出発してほどなく、右手側に犬山城が車窓に入ります。犬山城については、自動車内アナウンスで案内があります。

特急ひだ3号の車窓・犬山城
犬山城(車内アナウンスあり)


鵜沼駅を通過。岐阜~鵜沼駅間では、名鉄各務原線が高山本線と並行するようにあるので、たまに名鉄の車両が見えます。

特急ひだ3号の車窓・名鉄新鵜沼駅
名鉄 新鵜沼駅

高山本線は、鵜沼駅を通過すると大きく左カーブ。名鉄各務原線は新鵜沼駅で大きく右カーブを描き、それぞれ進路が分かれます。


鵜沼のカーブを曲がると、今度は木曽川と並行するように走行。

特急ひだ3号の車窓・木曽川
木曽川


9時23分 美濃太田駅に到着。

特急ひだ3号が美濃太田駅に停車中
停車駅・美濃太田駅

美濃太田駅の停車時間は短いですが、少々の乗降がありました。




美濃太田駅を過ぎると、高山本線は本格的に山区間へ。
と言ってもトンネルが多いわけではないので、車窓は楽しめます。

特急ひだ3号の車窓・飛水峡①
飛水峡①
特急ひだ3号の車窓・飛水峡②
飛水峡②


美濃太田を過ぎると今度は飛騨川が登場。
飛騨川沿いに走ったり、飛騨川に架かる鉄橋を渡ったり、とにかく飛騨川を見る機会が多くなります。

特急ひだ3号の車窓・飛騨川
飛騨川①
特急ひだ3号の車窓・飛騨川
飛騨川②


高山本線の駅は高速通過に対応していないため、駅を通過する際はゆっくり走行。

特急ひだ3号・飛騨金山駅を通過
飛騨金山駅を通過中(9時57分)

駅を通過すると、再び加速し特急らしい走りに。

高山本線の美濃太田~高山までは、駅通過⇒飛騨川と平行⇒鉄橋⇒駅通過⇒飛騨川・・・の繰り返し。

特急ひだ3号の車窓・飛騨川
特急ひだ3号の車窓・飛騨川

高山本線と飛騨川は何度も交差するので、窓側の座席に座っていれば、どこかの区間で必ず見ることができます。



10時16分 名古屋を出発して約1時間30分。温泉地で有名な下呂駅に到着。

下呂駅の駅名標
下呂駅

午前中ですが、下呂駅で多くの方が下車。



1分ほど停車し、下呂駅を出発。次の停車駅である高山へ。

飛騨川に架かる鉄橋上から下呂市内
飛騨川&下呂市内
飛騨川と並走
引き続き、飛騨川の横を走行



久々野~飛騨一ノ宮駅間には、高山本線で一番長い宮トンネル(2,080メートル)があります。その宮トンネルを抜けると、高山市一之宮町へ。

高山本線の宮トンネルを抜け、岐阜県高山市一之宮町へ
岐阜県高山市一之宮町


トンネルを抜けると大きなカーブを描き、飛騨一ノ宮駅へ。
後ろを振り向くと、先ほど通った線路が見えます。

高山本線・宮トンネルを抜けると大きなカーブ
宮トンネルを抜け、大きなカーブを描く



10時59分 名古屋を出発して約2時間15分。11時まであと数十秒のところで、高山本線の主要駅である高山駅に到着。

特急ひだ3号が高山駅に到着
高山駅


高山駅で切り離し作業を行うので約5分停車。
富山行きの前4両と高山止まりの車両が切り離し。

キハ85系「ひだ」のヘッドマーク
「ひだ」ヘッドマーク



車窓②:高山 ⇒ 富山

約5分停車し、富山に向け再出発。

高山駅を出発する特急ひだ3号富山行き
高山駅を出発

ホームと駅舎上には、キハ85系を見るようと人だかりができていました。

鉄道好き・そうでない関係なく、本当に色んな人が写真や動画を撮影。もしくは見物していました。



11時19分 高山駅を出発して15分。次の停車駅である飛騨古川に到着。

特急ひだ3号・飛騨古川駅に停車中
飛騨古川駅に停車中

降車する人が多少いましたが、乗車中の号車に乗車してくる人はいませんでした。
約1分停車したのち、出発。



キハ85系といえば、大きい窓が特徴。この大きい窓は「ワイドビュー」と呼ばれ、2022年3月までは列車名に「ワイドビュー」の名が付いていました。

キハ85系の座席

このワイドビューから見える高山本線沿線の車窓を楽しみにしていたのですが、指定されたのは窓枠付きの座席

正直、ガックリ。。。
車窓の見える範囲が狭くなるのと、写真を撮る時や個人用の短い動画を撮る時にとても苦労しました(-_-;)

後日、ワイドビューが楽しめる座席に座りましたが、車窓が見える範囲が全然違うことに気付かされます。
そういう意味では、最初に窓枠付きの座席に座れて良かったのかなと思います。



宮川の鉄橋を渡る特急ひだ3号
宮川

坂上駅を通過中の特急ひだ3号
坂上駅を通過中(11時34分)

ブログで本来書くべきでは無いですが、愚痴をもう一つ!

高山、飛騨古川で大抵の乗客が下車したので、車内は空席が目立つように。
私の前後の座席、通路を挟んで左側に座っていた人も高山駅で下車。「座席を倒して景色を楽しめる!ヨッシャ!」って思っていたら、代わりの人が自分の後ろの席に来るという・・・

なんでいっぱい座席が空いてるのに、寄りにもよって自分の後ろに(´;ω;`)ウッ…(しかも富山まで乗車)

座席が思いっきり倒せないので、ワイドビューの威力が半減。いや、それ以下・・・

山間区間を走行する特急ひだ3号
一つ前の窓枠無しの座席から撮影

前の座席は空いたので、手を伸ばして撮影。窓枠有りの座席から見える車窓とワイドビューが楽しめる座席では全く違う!Σ(・□・;)

ワイドビューの座席は、車窓が広角!
見える景色の幅が全然違います。

これはキハ85系が定期列車として動いている間に、高山本線をリベンジするしかないですね。。。



そんなこんなしている内に、特急ひだ3号は山間部を更に進行。
気付けば、岐阜県から富山県へ。

山間区間を走行する特急ひだ3号


11時58分 富山県に入り最初の停車駅・猪谷に到着&出発。

猪谷駅を出発する特急ひだ3号
JR東海からJR西日本の区間に(猪谷駅)

猪谷駅からはJR東海からJR西日本へ。会社が変わるので、運転士と車掌の方が交代。



猪谷駅出発後、右手の車窓には神通川やダムが広がります。

神通川と並走する高山本線(特急ひだ3号)
神通川第一ダム
神通川に架かる鉄橋を渡る特急ひだ3号


次の停車駅である越中八尾駅にも停車し、乗客の乗降。
越中八尾駅を出発すると次は終点の富山。


平野区間に入ると、遠くに立山連峰が見えます。

富山市内平野部を走る特急ひだ3号
立山連峰


しばらく立山を眺めていると、飛行機が平野に向かって降りてきました。

特急ひだ3号の車窓・富山空港に着陸しようとするANA機
富山空港に着陸するANA機

富山の市街地から離れたところに富山空港があり、その富山空港に向かって着陸するANA機。
時間的に札幌(新千歳)便のようです。



広告:列車で良い座席に座りたい!座席配置を詳しく知りたい方は必見!?
   JR・私鉄指定席列車全掲載




12時32分(1分遅れ) 終点の富山に到着。

富山駅に停車中のキハ85系

富山駅に到着した特急ひだ3号は、折り返し特急ひだ14号・名古屋行きとなります。
折り返し時間が30分なので、到着後すぐに車内清掃が行われていました。


富山駅の駅名標

お昼に富山へ到着しましたが、この日の移動は終了。

翌日から3日連続4時台に起床なので早めにホテルへ行き、寝ましたZzz


終わりに

以上、特急ひだ3号の乗車記はおしまい。

この日は、高山本線の景色は見ましたが、キハ85系の特徴の一つであるワイドビューを楽しめないまま終わり。なんだかモヤモヤだけが残りました。

このままでは堪ったもんじゃないので、キハ85系が動いているうちにリベンジしたい・・・できるかな?(笑)

なお、今回登場した特急ひだ3号・14号。このブログを書いている2022年9月時点ではキハ85系による運転ですが、2022年12月1日より新型のHC85系に置き換わることになりました。

新型特急車両HC85系の追加投入について(JR東海・PDFファイル)


少しずつ定期列車から姿を消していくキハ85系。
定期列車運用終了のタイムリミットが迫っているようなので、短い区間でも乗れる時に乗っておきましょう!

それでは、今回はここまで('ω')ノ


4日後:キハ85系乗車記 特急ひだ36号・岐阜⇒草津

引退近づくキハ85系 特急ひだ36号乗車記(岐阜⇒草津)


鉄道乗車記は、他にも色々!

鉄道乗車記の一覧はこちら


乗車日:2022年6月26日

スポンサーリンク

サイト内検索

トップページへ戻る

SNS

    -鉄道乗車記・駅探訪・廃線巡り
    -, , , , , , ,