鉄道乗車記・駅探訪・廃線巡り

【キハ85系】特急ひだ14号_ワイドビューが楽しめる座席に乗車(富山 ⇒ 名古屋)

スポンサーリンク


北陸をあちらこちら周り、名古屋へ行く予定。名古屋までは1日4本ある富山始発の特急ひだへ乗車することに。

今年2度目の富山発着の特急ひだ。前回は窓枠ありの座席で微妙な感じでしたが「今回こそは」と思い、再び乗車してきました。

富山駅

富山駅構内

富山駅の在来線改札。新幹線の改札口とは別に、あいの風とやま鉄道が主となって運営されています。

在来線改札上の出発案内(富山駅)
高山本線発車案内(改札上)

在来線側の改札は、自動改札ではなく係員による改札。

切符を見せホームへ。

キハ85系

富山駅ホーム上の出発案内

2番線には、既にキハ85系・特急ひだ14号

キハ85系・先頭車10号車(富山駅)
キハ85系・8号車(富山駅)

富山駅に停車中のキハ85系は3両編成(日によって4両編成)。

途中の高山駅で増結を行い、名古屋へ向かいます。

キハ85系・方向幕(特急ひだ 名古屋)

キハ85系の座席
座席(指定席)

特急ひだ14号(富山⇒名古屋)_車窓

フリー切符だったので、指定席券は駅窓口で発券してもらいました。

自分で席を選んだわけではないので、どんな座席なのか当日までドキドキしていましたw

富山 ⇒ 猪谷(JR西日本・前面展望付き)

指定された座席へ行ってみると・・・

富山駅を出発する特急ひだ14号

運転席のすぐ後ろ!

窓も前回みたいな窓枠付きではなく、ワイドビューが楽しめる座席。高山駅まで前面展望が楽しめるし、完璧な場所でした。


13時02分 富山駅発車

高山本線と分かれるあいの風とやま鉄道&北陸新幹線(特急ひだ14号の車窓)
右:あいの風とやま鉄道 上:北陸新幹線

神通川を渡ると高山本線の線路は北陸新幹線の高架下をくぐり、大きく左へカーブ。

富山市街地(特急ひだ14号の車窓)
富山市街地

速水駅(特急ひだ14号の車窓)
速水駅

13時10分 速水駅


越中八尾駅(特急ひだ14号の車窓)
越中八尾駅・駅名標(特急ひだ14号の車窓)
越中八尾(えっちゅうやつお)駅

13時20分 越中八尾駅


越中八尾駅を発車と山間区間へ。

高山本線(特急ひだ14号の車窓)

笹津橋(特急ひだ14号の車窓)
笹津橋と神通川

小糸地区(特急ひだ14号の車窓)

間もなく猪谷駅(特急ひだ14号の車窓)
猪谷駅

13時40分 猪谷駅。

猪谷駅はJR西日本・JR東海の境界駅なので、運転士と車掌が交代。

猪谷 ⇒ 高山(JR東海・前面展望付き)

神岡鉄道廃線跡(特急ひだ14号の車窓)
神岡鉄道廃線跡

猪谷駅を発車してすぐ左手、トンネルまでの短い間に2006年まで存在した神岡鉄道の廃線跡。


猪谷~杉原駅間に富山県と岐阜県の県境。

岐阜県に入り神通川⇒宮川へ(特急ひだ14号の車窓)
岐阜県に入り、川の名前が神通川⇒宮川へ

岐阜県に入り、富山県側で神通川だった名前が宮川に。

杉原駅を通過中(特急ひだ14号の車窓)
杉原駅

特急ひだ14号の車窓

宮川(特急ひだ14号の車窓)
宮川
宮川(特急ひだ14号の車窓)


13時53分 打保駅

打保駅に運転停車(特急ひだ14号の車窓)
打保駅で運転停車
打保駅駅名標(特急ひだ14号の車窓)
打保駅

反対列車と行き違いのため、5分ほど運転停車。

打保駅で特急ひだ7号と行き違い(特急ひだ14号の車窓)
特急ひだ7号と行き違い

13時57分 反対側から特急ひだ7号。


打保駅発車後も宮川沿いに走行。

宮川(特急ひだ14号の車窓)
宮川
宮川(特急ひだ14号の車窓)
宮川

坂上駅通過中(特急ひだ14号の車窓)
坂上駅通過中

14時06分 坂上駅通過


飛騨細江駅(特急ひだ14号の車窓)
飛騨細江駅

14時16分 飛騨細江駅 通過

飛騨細江駅より先は田んぼが多く見えてくるように。

飛騨細江駅通過後(特急ひだ14号の車窓)

飛騨古川駅の場内信号(特急ひだ14号の車窓)
飛騨古川駅 場内信号

14時20分 飛騨古川駅

特急停車駅なので、多少の乗降。

飛騨古川駅に停車中(特急ひだ14号の車窓)
飛騨古川駅

14時22分(2分遅れ) 飛騨古川駅発車

上枝駅を通過(特急ひだ14号の車窓)
上枝駅(ほずえ)

14時31分 上枝駅 通過


14時34分 高山駅。

間もなく高山駅に到着(特急ひだ14号の車窓)

高山駅構内
高山駅構内

高山駅で前に増結車両が連結されるので、前面展望はここまで。

高山駅到着後、すぐに増結4両の連結作業。

増結車両(キハ85系・高山駅)
キハ85系・増結車両(4両)
キハ85系(特急ひだ14号増結車両)

列車の連結作業を見たところで、前面展望終了。

高山駅で乗っていた人の半分以上が下車し、8号車の乗車率は7割⇒2割ほどになりました。

高山 ⇒ 岐阜

高山駅は定刻に発車。

引き続き、高山本線を南下。

飛騨一ノ宮駅通過後宮村の大カーブ(特急ひだ14号の車窓)
飛騨一ノ宮⇒久々野
宮村の大カーブ(特急ひだ14号の車窓)
飛騨一ノ宮⇒久々野
飛騨一ノ宮~久々野駅間の大カーブを進む特急ひだ14号
飛騨一ノ宮⇒久々野
宮村の大カーブ(特急ひだ14号の車窓)
飛騨一ノ宮⇒久々野

久々野駅(特急ひだ14号の車窓)
久々野駅

14時54分 久々野駅 運転停車(約4分)


高山から約45分で下呂市。

下呂温泉(特急ひだ14号の車窓)
下呂温泉と飛騨川
下呂温泉(特急ひだ14号の車窓)
下呂温泉街
下呂駅(特急ひだ14号の車窓)
下呂駅

15時29分~31分 下呂駅


下呂~美濃太田は飛騨川を見ながら、車内でまったり。

飛騨川(特急ひだ14号の車窓)
飛騨川

飛水峡(特急ひだ14号の車窓)
飛水峡

16時24分 美濃太田駅

美濃太田駅を出発する特急ひだ14号
美濃加茂市と加茂郡坂祝町

岐阜 ⇒ 名古屋

16時43分 岐阜駅

岐阜駅を出発する特急ひだ14号
岐阜駅

岐阜駅より進行方向が逆転。

岐阜~名古屋駅間は約20分なので、座席を回転しないまま名古屋へ。

座席の向けと反対側に走行する特急ひだ14号(岐阜⇒名古屋)
座席向きと反対側に走行(岐阜⇒名古屋)


名古屋到着前に、のぞみ236号(N700S)と約2分並走。

特急ひだ14号と並走する新幹線のぞみ236号
のぞみ236号(N700S)
特急ひだ14号と並走する新幹線のぞみ236号


17時04分 名古屋駅2番線に到着。

名古屋駅に到着した特急ひだ14号
名古屋駅

到着したキハ85系は既に「回送」幕を出してました。


今回はワイドビューの座席に座り、車窓を堪能。富山~高山では前面展望も楽しむことができました。また乗りたいところですが、特急ひだ14号2022年12月1日より新型HC85系に置き換わります

新型特急車両HC85系の追加投入について(JR東海・PDFファイル)

名古屋~高山駅間だけで運転されていたHC85系が遂に富山へ進出。それと同時にキハ85系の運用がまた一つ終了。

キハ85系の定期列車終了のカウントダウンが近づいてきてるなと思いました。

2023年3月18日ダイヤ改正 全定期列車がHC85系に統一(JR東海・PDFファイル)


それでは、今回はここまで('ω')ノ


キハ85系乗車記+α

鉄道乗車記は、他にも色々!

鉄道乗車記の一覧はこちら


乗車日:2022年9月15日

スポンサーリンク

サイト内検索

トップページへ戻る

SNS

    -鉄道乗車記・駅探訪・廃線巡り
    -, , , , , , ,