鉄道乗車記・駅探訪・廃線巡り

【E653系】特急いなほ_グリーン車1人用座席乗車記(新潟⇒秋田)

スポンサーリンク


JR東日本パスを使っての乗り鉄旅2日目。

新潟駅から特急いなほ1号に乗車する行程で予定を組んでいましたが、指定席・自由席・グリーン車のどの座席に乗るか直前まで悩んでいました。

悩んだ末、以前からE653系のグリーン車に乗ってみたいという願望があったのを思い出し、せっかくならということでグリーン車へ乗車。

今回は、新潟⇒秋田(3時間42分)をグリーン車に乗車した時の記録。

E653系 グリーン車

ホーム上発車案内(新潟駅在来線)
新潟駅5番線

東京始発の上越新幹線とき301号で新潟まで移動。

新幹線11番・在来線5番ホームは同一ホームで、ホーム中間に改札機が設置。スムーズな乗り換えが可能になっています。

LED表示器(E653系)

この日の特急いなほ1号は、1号車がグリーン車、2~4号車が指定席、5~7号車は自由席

自由席は3両ありますが、JR東日本パスの期間中、特急いなほの自由席列はもの凄いことに。乗車日も自由席の待機列が長く、一部の列は新幹線ホームまで溢れていました。

E653系(新潟駅)
特急いなほの車両 E653系

自由席の待機列を通り過ぎ、指定席車まで移動すると比較的まったり。

座席は決まっているので、出発時間までE653系の写真を撮っている人が多くいました。

E653系基本情報(JR東日本HP)


E653系グリーン車・出入口

グリーン車は1号車(秋田方)。

先頭車ですが、運転席後ろ・車両後方の2か所にドアがあります。


グリーン車の車内扉。

グリーン車・車内扉
デッキ側
E653系車内扉
車内側

普通車の扉と違い、スモークガラス?になっています。この辺りは、グリーン車の特別感を演出してくれています。

E653系・指定席車内扉
指定席 車内扉

座席

E653系グリーン車全体
グリーン車 車内全体

グリーン車の座席は全部で18席(6×3列)。


グリーン車2列席(E653系)
2~6番(2人席、A・B列)

グリーン車の座席は前後に仕切りが設置されており、前後の人を気にすることなく座席を使用できます。

また、窓は普通車の2席分あります。

特急いなほ1号・グリーン車
2~6番(1人席、C列)
グリーン車・足元
足元

仕切りが設置されている分、足元が若干窮屈に感じることも。足を伸ばしきれないという弱点があるので、この辺りは人によって好き嫌いがありそうです。


秋田行きの最前列(1番)は、2~6番の座席に比べ足元が広くなっています。

グリーン車最前・2列席(E653系)
1番(A・B列)
グリーン車最前・1人席(E653系)
1番(C席)

足元が広いので足を伸ばしきること、荷物を置くこともできます。

秋田行きでグリーン車に乗る場合、最前列が一番良い座席になると思います。


グリーン車座席のリクライニング。

グリーン車リクライニング

仕切りがあるので、後ろの人を気にすることなくリクライニングが可能。ヘッドレストは可動式になっているので、好きな位置に調整できます。

座席設備

グリーン車・コンセント
コンセント

グリーン車の座席にはコンセントがあります。若干分かりづらいですが、肘置き下にあります。


E653系のグリーン車にあるテーブルは少し特殊。

グリーン車・座席テーブル
座席テーブル

両サイドの肘置きからテーブルを引き出し、ドッキングさせる方式。片方だけでも使用できますが、弁当を食べる時やPC作業する際はドッキングした方が便利です。

グリーン車専用 ラウンジスペース

1号車の車内(新潟方)には、グリーン車専用のラウンジ。

E653系グリーン車ラウンジ(海側)
ラウンジ(海側)

海側ラウンジは横向き。横長のテーブルもあるので、飲食しながら海の車窓を見ることができます。椅子の大きさ的に、2名定員だと思われる。

E653系グリーン車ラウンジ(山側)
ラウンジ(山側)

山側ラウンジは縦配置。1人用席が2つで、対面型になっています。

座席以外の場所で談笑するには、ちょうど良いスペースになっています。

車窓(新潟 ⇒ 秋田)

定刻通りに出発し秋田へ。

新潟県内(特急いなほ1号)
豊栄⇒新発田

特急いなほは、白新線(新潟~新発田)、新発田から羽越本線へ。

村上駅(特急いなほ1号)

9時12分 村上駅


村上駅を出発して間もなく、左手に日本海。

日本海(特急いなほ1号)
海の向こうは粟島
日本海(特急いなほ1号)
日本海

府屋駅(特急いなほ1号)

9時43分(2分遅れ) 府屋駅発車

日本海(特急いなほ1号)

村上~小波渡駅間は日本海沿いに走行。


小波渡駅を過ぎると内陸の方へ。

山形県西部(特急いなほ1号)
三瀬~羽前水沢

庄内地域を走り抜けていきます。


10時16分 鶴岡駅

鶴岡駅(特急いなほ1号)
鶴岡駅

鶴岡駅からグリーン車へ乗車してくる人もいまいた。

庄内平野(特急いなほ1号)
鶴岡⇒余目

余目駅・陸羽西線(特急いなほ1号)
陸羽西線(運休中)

余目駅手前に陸羽西線との分岐点がありましたが、廃線跡かと思うくらい草に覆われていました。

余目駅・陸羽西線(特急いなほ1号)
陸羽西線・分岐地点

10時26分 余目駅

余目駅(特急いなほ1号)

鳥海山(特急いなほ1号・余目⇒酒田)
鳥海山

余目駅を過ぎると右手に鳥海山

酒田駅(特急いなほ1号)

10時35分 酒田駅停車。一部の特急いなほは酒田駅までになっています。

新潟駅を出発して2時間13分。ここまででも十分に乗車していますが、酒田から秋田まで更に約1時間26分乗車します。


鳥海山(特急いなほ1号・車窓)
鳥海山

吹浦駅運転停車(特急いなほ1号)

10時53分 吹浦駅運転停車

仁賀保駅(特急いなほ1号)

11時21分(3分遅れ) 仁賀保駅発車


最後の停車駅・羽後本荘に到着。

グリーン車・車内LED

羽後本荘駅(特急いなほ1号)
羽後本荘駅

11時31分(2分遅れ) 羽後本荘駅

羽後本荘から30分掛けて秋田駅へ。


広告:列車で良い座席に座りたい!座席配置を詳しく知りたい方は必見!?
   JR・私鉄指定席列車全掲載


雄物川(特急いなほ1号・車窓)
雄物川

雄物川を過ぎると間もなくして秋田駅に到着。

駅名標(秋田駅在来線ホーム)

12時04分(1分遅れ) 秋田駅到着


特急いなほ1号は、新潟~秋田を3時間42分で走行。

E653系(秋田駅)
E653系(秋田駅)

乗車時間が3時間30分を超える長丁場でしたが、グリーン車の座席が快適だったこともあり、疲れはほとんどありませんでした。

白新線・羽越本線_特急いなほ1号 新潟(08:22)⇒秋田(12:03)
※JR東日本パス使用、別途グリーン車料金 6,170円

E751系(秋田駅)
左:701系 右:特急つがる3号(E751系)

降車した秋田駅のホーム反対側には、特急つがる3号青森行き。出発まで30分以上ありましたが、ドアは開いており座席に座っている人も何人かいました。

自分は秋田新幹線へ乗り換え、こまち24号に乗車し次の目的地へ向かいました。

東日本パス乗り鉄旅

鉄道開業150年の記念切符・JR東日本パスを使用した3日間乗り鉄旅


鉄道乗車記は、他にも色々!

鉄道乗車記の一覧はこちら


乗車日:2022年10月18日

スポンサーリンク

サイト内検索

トップページへ戻る

SNS

    -鉄道乗車記・駅探訪・廃線巡り
    -, , , , , , , ,