鉄道乗車記・駅探訪・廃線巡り

【駅探訪】隣接してるけど別駅扱い!津軽二股駅&奥津軽いまべつ駅

スポンサーリンク


青森県東津軽郡今別町大字大川平字清川

本州最北の津軽半島で、同じJRなのに別駅扱いとなる駅が存在する。一つは、JR東日本・津軽線「津軽二股」。もう一つがJR北海道・北海道新幹線「奥津軽いまべつ」。

至近距離にあるこの2駅を訪れてみました。

津軽線 津軽二股駅(JR東日本)

2022年10月時点。津軽線は大雨の影響で蟹田~三厩駅間が不通。

その為、蟹田駅から代行バスで津軽二股(奥津軽いまべつ)駅まで移動してきました。

道の駅いまべつ

道の駅いまべつ
道の駅いまべつ

代行バスは奥津軽いまべつ駅前のロータリーに停車。ロータリーから徒歩30秒ほどで、道の駅いまべつに到着。

津軽二股駅の隣に道の駅いまべつはあるので、津軽二股駅の駅舎的な役割を果たしています。

津軽線発車案内時刻(津軽二股駅)
2022年10月時点(津軽線・津軽二股駅)

道の駅いまべつに入り右上を見ると、津軽線発車時刻表が掲示されています。

上下5本の計10本。本数はかなり少ないので、乗り過ごしは禁物。


ホーム

道の駅いまべつ&津軽二股駅

道の駅いまべつの建物に入らず、横道を進むとJR東日本の津軽線・津軽二股駅

津軽二股駅・出入口

駅へ続く階段が5段、それと1面1線のホーム。

津軽二股駅ホーム
左:道の駅いまべつ 右:北海道新幹線

1面1線のホームは横幅が狭い為、待合室や椅子は設置されていません。

ホーム出入口から三厩方面に向かって伸びる方面。左が道の駅いまべつ。右が北海道新幹線。その間に津軽二股駅のホームがあるので、2つの施設に板挟みにあっているような感じに見えてしまう(笑)

蟹田方面(津軽二股駅)
蟹田方面

ホーム出入口から青森方面を見ると、北海道新幹線・奥津軽いまべつ駅の施設が見えます。

三厩方面(津軽二股駅)
三厩方面

三厩方面の線路。2か月ほど列車が通っていませんが、意外と綺麗。

昔の津軽二股駅は1面2線だったこともあり、両サイドの線路にY字分岐だった名残が見受けられます。

駅名標(津軽二股駅)
駅名標

津軽二股駅の駅名標。真ん中の絵は、津軽海峡(竜飛岬)が描かれています。

津軽今別駅(2013年)

奥津軽いまべつ駅へ移動する前に、前身の津軽今別駅を少しだけ取り上げ。

訪問日は2013年8月。この時には津軽今別駅が無くなることを知っていたので、記念に下車してみました。

特急白鳥28号(津軽今別駅・2013年)
特急白鳥28号

青春18きっぷで木古内⇒津軽今別を移動。この時乗車した特急白鳥28号は、津軽今別駅に1日2本停車するうちの1本でした。

津軽今別駅発車時刻表(2013年8月)
2013年8月

津軽今別駅に停車する特急は、先述した通り1日2本。新青森行きは特急白鳥28号特急白鳥96号が停車していました。

津軽今別駅ホーム(2013年)
津軽今別駅ホーム(青森方)
津軽今別駅(函館方面)
海峡線(函館方)

上りホームから出入口へ行くには、構内踏切を渡る必要がありました。

工事中の津軽今別駅(2013年)

2013年時点は駅周辺で工事が始まっていたものの、まだ初期段階の工事といった感じ。この2年後、2015年8月にホームが撤去されるので、前準備の段階だったのでしょう。

津軽二股駅から見る津軽今別駅
2013年8月

当時の津軽今別駅へは、津軽二股駅ホームの真横にあった踏切を渡る必要がありました。

津軽二股駅・出入口横
2022年10月

奥津軽いまべつ駅になって立派な駅舎が建てられたので、2015年まで使用されていた構内踏切や階段は撤去。現在は、ただの草地になっていました。

道の駅いまべつ(2013年)
道の駅いまべつと津軽今別駅(2013年)

道の駅いまべつと津軽今別駅。写真右手の空き地になっている場所は、現在は立派な駐車場になっています。

北海道新幹線 奥津軽いまべつ駅(JR北海道)

駅舎(奥津軽いまべつ駅)
駅舎(奥津軽いまべつ駅)

津軽二股駅を一通り見たところで、今度は北海道新幹線・奥津軽いまべつ駅へ。

奥津軽いまべつ駅は新幹線の駅ということもあり、立派な駅舎が建てられています。


出入口・通路

構内図(奥津軽いまべつ駅)
駅案内図(1F)

駅舎に入ってすぐの所に駅案内図とエレベーター。

改札口は駅舎出入口から少し離れた場所、2Fへ登り通路を渡った先にあります。

営業時間案内(奥津軽いまべつ駅)
営業時間(みどりの窓口・指定席券売機)

奥津軽いまべつ駅の営業時間。みどりの窓口と指定席券売機が設置されており、始発前~最終列車出発まで営業されています。

新幹線の秘境駅として名を馳せていますが、終日係員による切符の対応を行ってもらえます。

階段の案内(奥津軽いまべつ駅)

駅玄関~通路まで通常エレベーターで行き来すると思いますが、階段で登り下りすることもできます。

115段もありますが、良い運動になるので階段で登りました。

通路から見える津軽二股駅(奥津軽いまべつ駅)
津軽二股駅&道の駅いまべつ

登った先(2F)にあるのは改札口~駅舎出入口を結ぶ通路。

通路からは津軽線や海峡線、北海道新幹線の線路を見ることができます。

旧津軽今別駅への階段跡
津軽今別駅の階段跡地(真ん中上、赤茶色の葉っぱ辺り)

通路からの景色(奥津軽いまべつ駅)
蟹田・青森方(保守基地)

奥津軽いまべつ駅(三条狭軌)
三条狭軌(保線用)

保守基地(奥津軽いまべつ駅)
保守基地

貨物線(奥津軽いまべつ駅)
海峡線(狭軌) 函館方
奥津軽いまべつ駅(狭軌)
海峡線(狭軌) 青森方

津軽今別駅の痕跡が何かあるかなと思っていましたが、何もありませんでした。

綺麗に新幹線の秘境駅へ改築されていました。


構内通路(奥津軽いまべつ駅)

津軽線・保守基地・海峡線・北海道新幹線の線路を超える必要があるので、意外と距離があります。

改札周辺・ホーム

改札口と改札前(奥津軽いまべつ駅)

通路を渡り切ると改札口前へ。

みどりの窓口(奥津軽いまべつ駅)
みどりの窓口

みどりの窓口と同じ場所に指定席券売機(2台)が設置されています。また、みどりの窓口の隣に駅スタンプが設置されています。

入場券の案内(奥津軽いまべつ駅)
入場券の案内

奥津軽いまべつ駅はJR北海道管轄なので、入場券は200円(こども100円)。

みどりの窓口で北の大地の入場券が販売されているので、記念になると思います。

北の大地の入場券(奥津軽いまべつ駅)


奥津軽いまべつ⇒新青森の切符を購入し、改札へ。同区間の運賃・料金は2,190円(運賃:860円、新幹線特急料金:1,330円)。

東京方面・新幹線発車案内(奥津軽いまべつ駅)
青森・東京方面 発車時刻

乗車するのは「はやぶさ34号」。これを逃すと次の青森・東京方面は19時27分。約4時間も待たないといけません。

駅名標(奥津軽いまべつ駅)
駅名標
駅名標2(奥津軽いまべつ駅)
奥津軽いまべつ駅の場所!


奥津軽いまべつ駅・新幹線ホーム(函館方面)

奥津軽いまべつ駅・新幹線ホーム(青森方面)

奥津軽いまべつ駅は2面3線。1面1線のホームが2つ、ホームの間に通過線があります。

貨物線を通る貨物列車(奥津軽いまべつ駅)
通過する貨物列車

新幹線が来るのを待っていると、貨物列車が狭軌の線路を走行。

奥津軽いまべつ駅を通過していきました。

はやぶさ34号(奥津軽いまべつ駅)
はやぶさ34号

15時33分 はやぶさ34号が到着。

新幹線の秘境駅と言われてましたが、ホーム上では20~30名の人が新幹線を待っていました。

はやぶさ34号・車窓(奥津軽いまべつ⇒新青森)
奥津軽いまべつ⇒新青森

適当な場所に座り新青森へ。

新青森駅で下車しましたが、ホーム上では多くの人が待っていてビックリしました(笑)

奥津軽いまべつ駅_駅情報(JR北海道)


それでは、今回はここまで('ω')ノ


東日本パス乗り鉄旅

鉄道開業150年の記念切符・JR東日本パスを使用した3日間乗り鉄旅

駅訪問記は、他にも色々!

駅巡り一覧はこちら


訪問日:2022年10月17日

スポンサーリンク

サイト内検索

トップページへ戻る

SNS

    -鉄道乗車記・駅探訪・廃線巡り
    -, , , , , ,