鉄道乗車記・駅探訪・廃線巡り

鉄道開業150年の記念切符・JR東日本パスを使用した3日間乗り鉄旅

スポンサーリンク


2022年は日本で最初の鉄道が開業して150年。
150年という節目の年なので、JRを中心に様々なイベント・催しが実施されています。

そんな中、JR東日本より期間限定で3日間乗り放題となる切符「JR東日本パス」が発売されました。

JR東日本パス
JR東日本パス

有効期間は2022年10月14日~10月27日の内、3日間連続。

乗り放題となるのは、JR東日本全線、東日本エリアにある一部の第三セクター、私鉄路線。新幹線や特急の自由席が乗り降り自由で、普通指定席も4回まで指定可能。

普段、新幹線も乗り放題となる切符は発売されないので、かなりお得。

お得&設定期間が短い、更に全国旅行支援が被ったことにより、期間中の東日本はかなりの混雑具合となっていました。

そんなJR東日本パスを平日3日間に利用したので、その時の記録。

DAY1

事前に指定席を取った列車を除き、自由席で移動しました。

北陸新幹線(大宮駅)

あさま606号 大宮(08:44)⇒東京(09:08)

東京⇒津軽二股・奥津軽いまべつ

東京まで移動。平日なのに、ホーム上は新幹線を待つ旅行客で混雑していました。

はやぶさ13号(東京駅)
はやぶさ13号

東京駅からはやぶさ13号に乗車。

大宮~仙台駅間は乗車率8~9割。混雑は盛岡まで続きました。

牛すきと焼肉弁当
牛すきと焼肉弁当

盛岡を過ぎると混雑が収まったので昼食。大宮駅で買っていた駅弁を食べ、空腹を満たしました。

駅名標(新青森駅)
駅名標(新青森駅)

東北新幹線はやぶさ13号 東京(09:36)⇒新青森(12:34)
※指定席利用(1回目)

新青森駅を出発する「はやぶさ13号」
新青森駅を出発する「はやぶさ13号」

新函館北斗へ向かうはやぶさ13号を見送り、在来線ホームへ。


奥羽本線_普通 新青森(12:47)⇒青森(12:53)

普通列車青森行き(新青森駅)

奥羽本線の普通列車で青森駅へ。

反対側ホームの次発は特急つがる4号でしたが、その自由席待機列はクネクネしており、すごいことになっていました(笑)


青森駅まで移動した後、次の列車まで時間があったので青森駅ホームを探索。

連絡船の案内(青森駅)
「連絡船」の文字

青森駅(末端部)
使用されていないホーム端と連絡船への跨線橋

14系乗車位置目標(青森駅)
14系 9ボ㋖

連絡船の名残や特急白鳥で使用されていた789系の乗車位置案内が残っていたりと、青森駅のホームもなかなか楽しい場所でした。

14系の位置案内が何故吊り下げられているかは謎でしたが・・・


青森駅から津軽線に乗車。

津軽線蟹田駅(青森駅)

津軽線_普通 青森(13:23)⇒蟹田(14:04)

津軽線の景色(北海道新幹線)
北海道新幹線(はやぶさ28号)

蟹田駅駅舎

津軽線は三厩駅まで続いていますが、2022年8月の大雨で被災。蟹田~三厩駅まで代行バスに振替られています。

わんタク(蟹田駅)
わんタク

津軽線_代行バス 蟹田(14:11)⇒奥津軽いまべつ(14:40)

駅舎(奥津軽今別駅)
奥津軽いまべつ

奥津軽いまべつ駅まで移動。

実際は約100m離れた場所にある津軽二股駅が津軽線の駅ですが、奥津軽いまべつ駅前の方がロータリーも整備されているので、そちらに停車。

この後は40分の滞在時間で、至近距離にある奥津軽いまべつ駅と津軽二股駅を見て回りました。

【駅探訪】隣接してるけど別駅扱い!津軽二股駅&奥津軽いまべつ駅


奥津軽いまべつ⇒大宮

奥津軽いまべつ駅より北海道新幹線で再び新青森へ。

北海道新幹線はJR東日本パスのエリア外なので、追加で運賃・料金をお支払い。

新青森駅を出発するはやぶさ34号
はやぶさ34号

北海道新幹線_はやぶさ34号 奥津軽いまべつ(15:35)⇒新青森(15:51)
※別運賃・料金 2,190円

はやぶさ34号に乗車し、新青森で下車。下車時、ホーム上のどの場所も長蛇の列となっていたので驚きましたΣ(・□・;)


本来ははやぶさ34号に乗りたかったのですが、窓が席が取れなかったのではやぶさ38号に乗車。

はやぶさ38号
はやぶさ38号

東北新幹線_はやぶさ38号 新青森(16:38)⇒大宮(19:39)
※指定席利用(2回目)

はやぶさ38号(大宮駅)

はやぶさ38号も全区間を通して、乗車率が8割ほど。空いている席を数えた方が早かったと思います。

大宮駅で下車しましたが、溢れんばかりの人が大宮駅で下車していました。

※1日目終了

DAY2

2日目も大宮駅からスタート。

大宮⇒新潟(とき301号)

とき301号の車内
とき301号

最初は、新潟方面の始発列車であるとき301号・自由席に乗車。通勤客・旅行客が多く乗っていたこともあり、高崎まで通路席でした。

浦佐駅付近(とき301号車窓)
浦佐駅到着前

上越新幹線_とき301号 大宮(06:33)⇒新潟(08:12)

新潟駅新幹線・在来線乗換ホーム
新潟駅11番ホーム

新潟駅は11番(乗り換え)ホームに到着。

のりかえホームに設置されている改札を通り、対面の在来線5番ホームにいる特急いなほ1号へ乗り換え。


新潟⇒秋田(特急いなほ1号)

特急いなほ1号(新潟駅)
特急いなほ1号(E653系)

特急いなほ1号は5~7号車が自由席。しかし、その自由席の乗車場所は長蛇の列。

自分は指定席券を持っていたのでゆっくり行きましたが、自由席の列が新幹線ホームまで続いていたのでビックリしました!

特急いなほ1号・グリーン車
グリーン車(1人席)

指定席券を持っているといっても、乗車したのはグリーン車!

東日本パスでグリーン車の指定はできませんが、グリーン車料金を追加課金することで乗車可能。特急いなほのグリーン車は一度乗ってみたかったので、ここでも課金。

日本海(特急いなほ1号の車窓)
日本海

白新線・羽越本線_特急いなほ1号 新潟(08:22)⇒秋田(12:03)
※別途グリーン車料金 6,170円

特急いなほ1号(秋田駅)

3時間40分掛け、新潟⇒秋田を移動。

グリーン車の座席はやはり快適そのもの。長時間乗車もまったり過ごすことができました。

【E653系】特急いなほ_グリーン車1人用座席乗車記(新潟⇒秋田)


秋田⇒大宮(こまち24号)

秋田に到着したものの、すぐに次の列車へ乗り換え。

こまち24号(秋田駅)
こまち24号

約10分で接続している秋田新幹線・こまち24号に乗車。

牛たん弁当
牛たん弁当

昼食に、朝出発前に大宮駅の駅弁屋で購入した牛たん弁当。

秋田新幹線の車窓(こまち24号)
田沢湖⇒赤渕

秋田新幹線の車窓(こまち24号)
田沢湖⇒赤渕

秋田・東北新幹線_こまち24号 新青森(12:13)⇒大宮(15:39)
※指定席利用(3回目)

仙台⇒大宮は隣に人が来るほど、こまち24号も乗車率が高かった。

大宮駅を出発するこまち24号

大宮駅まで戻ってきたところで、この日は終了。

3本の列車しか乗車していないが、9時間も乗車すれば十分満足。翌日は夜まで動くので、体力回復を優先

※2日目終了

DAY3

三度、大宮駅からスタート。

大宮⇒新井(えちごトキめき鉄道)

大宮駅出発案内
大宮駅

北陸新幹線_はくたか553号 大宮(08:17)⇒上越妙高(09:54)

はくたか553号(上越妙高駅)
はくたか553号(上越妙高駅)

はくたか553号も出張・旅行客で賑わっていた。自由席の窓側座席は当然のことながら空席がなく、上越妙高まで通路席で移動。

新井駅(えちごトキめき鉄道)
新井駅

えちごトキめき鉄道_普通 上越妙高(10:02)⇒新井(10:09)

東日本パスはえちごトキめき鉄道(直江津~新井駅間)が利用可能。その権利を活かして、新井駅まで移動。


新井(えちごトキめき鉄道)⇒大宮

特急しらゆき3号(新井駅)
特急しらゆき3号(新井駅)

新井駅から乗車するのは、特急しらゆき3号(新潟行き)

新井駅始発だが、新井駅から乗車する人はほとんどいない。自由席へ乗車したが、座席は選びたい放題だった。

なお、上越妙高駅からは案の定、多くの人が乗車してきた。

やまがた肉三昧どまん中弁当
新杵屋(しんきねや) やまがた肉三昧どまん中弁当
やまがた肉三昧どまん中弁当

座席を確保したところで、少し早めの昼食。三度、大宮駅の駅弁屋で駅弁購入。「やまがた肉三昧どまん中」という、山形新幹線30周年記念に製造されたお肉お肉お肉 お肉いいとこ取り弁当を味わいながら頂いた。

日本海(特急しらゆき3号)
日本海(青海川⇒鯨波)

えちごトキめき鉄道・信越本線_特急しらゆき3号 新井(10:25)⇒長岡(11:38)

とき318号(長岡駅)
とき318号(長岡駅)

長岡駅の乗換時間はごくわずか。

少し急いで歩き、上越新幹線とき318号に乗車。

上越新幹線(とき318号)

上越新幹線_とき318号 長岡(11:43)⇒大宮(13:03)


大宮⇒新庄

大宮駅で30分ほど休憩し、今度は東北新幹線に乗車。

なすの259号(大宮駅)
なすの259号(大宮駅)

東北新幹線_なすの259号 大宮(13:37)⇒郡山(14:47)

車窓(なすの259号)

大宮⇒宇都宮は座ることができず立っていました。

宇都宮駅で大量降車があったので、空いた席に着席。

やまびこ63号(郡山駅)
やまびこ63号(郡山駅)

東北新幹線_やまびこ63号 郡山(14:57)⇒福島(15:10)

つばさ141号(福島駅)
つばさ141号(福島駅)

福島から山形新幹線つばさに乗車。

つばさは全席指定席だが、福島~新庄駅間は指定席券を持っていなくても乗車が可能だった。乗車区間の空いている座席をえきねっとで確認し、新庄へ。

スカイタワー(羽前中山⇒かみのやま温泉)
スカイタワー(羽前中山~かみのやま温泉)

山形新幹線_つばさ141号 福島(15:35)⇒新庄(17:41)


広告:JTBの鉄道スタンプ帳



新庄⇒東京

新庄に到着する頃には、外は真っ暗。

駅舎(新庄駅)
新庄駅

新庄から最後、東京へ向かうので必要な食材を購入。

ラストスパート。

つばさ158号(新庄駅)
つばさ158号(新庄駅)

最後の乗車 山形・東北新幹線_つばさ158号 新庄(18:43)⇒東京(22:24)
※指定席利用4回目

米沢牛すきやき弁当(松川弁当)
復刻版 米沢牛肉すきやき弁当
米沢牛すきやき弁当(松川弁当)

夜ご飯に米沢駅松川弁当店が販売している「復刻版米沢牛肉すきやき弁当」(松川弁当店は米沢駅が本拠地だが、弁当を購入したのは大宮駅の駅弁屋)。

お肉、野菜がバランスよく盛り付け。量的に若い人は少しもの足りないが、この後デザートもあったので丁度良い量だった。

つばさ158号(東京駅)
東京駅

新庄から約3時間40分。定刻通り東京駅に到着。

夜の東京駅ホーム

普段は賑わっている東京駅も夜遅くになると人がまばら。

夜の東京駅を楽しみながら、東日本パスを使った乗り鉄旅は終了!


最後に

今回乗車した列車の運賃・料金を計算したところ、普通に乗ると約10万1千円。購入した切符(東日本パス+北海道新幹線+グリーン車料金)は30,510円。約7万円お得に乗車できたことになる(^_^)

と言いながら、ただ乗るだけで大して観光もしなかったので、終わった後の疲労感は凄かった(´-ω-`)

東日本パスのアンケートが行われていたが、どのような結果だったのか気になるところ。アンケートを基に面白そうな企画券が発売されるのを楽しみにしておきます。

第2弾:2023年3月2日~3月15日

鉄道開業150年記念ファイナル JR東日本パス(JR東日本公式・PDFファイル)


それでは、今回はここまで('ω')ノ


2回目の利用

鉄道開業150年の記念切符・JR東日本パスを利用した3日間の乗り鉄旅(PART2)


鉄道乗車記は、他にも色々!

鉄道乗車記の一覧はこちら



乗車日:2022年10月17日~10月19日

スポンサーリンク

サイト内検索

トップページへ戻る

SNS

    -鉄道乗車記・駅探訪・廃線巡り
    -, , , , , , , , , , , , , ,