鉄道乗車記・駅探訪・廃線巡り

絶景区間のある盲腸線・氷見線乗車記

スポンサーリンク

皆さんこんにちは。こんばんは。おはようございます。

 2021年11月末に「JR西日本どこでもきっぷ」を使用して鉄道旅に出掛け、前回は上越妙高の駅探索・北陸新幹線で新高岡駅までを書いてきました。今回は、その続きで氷見線・城端線の乗車記を2ページに渡ってお届けします。

 本ページは新高岡⇒氷見までの乗車記を簡単にですが書いていきます。

上越妙高駅の探索はこちら

【駅探索】鉄道会社3社が乗り入れる上越妙高駅

城端線で新高岡駅から高岡駅へ

 新高岡駅の北陸新幹線改札を抜けると目の前に「城端線のりば」の案内があります。新高岡駅の北陸新幹線改札と城端線の入口は100m離れているとのことなので、案内に沿って進みます。

新幹線の新高岡駅駅舎にある城端線乗換案内

 城端線の在来線駅舎に到着。跨線橋はありますが、城端線の入口は手前の歩道横にあります。

城端線の新高岡駅

城端線・新高岡駅のホーム。1面1線で、写真には写っていないですが券売機や待合室もあります。

新高岡駅城端線のホーム

新高岡駅前にそびえ立つ東横インがあります。上越妙高駅前にもあったので、この日2回目の東横インです。

新高岡駅前にある東横イン

城端線ホームから新幹線側の駅舎。こうやって見ると新幹線側の駅舎はかなり立派に作られているので、城端線の駅舎は申し訳ない程度に見えてしまいます。

新高岡駅・新幹線側の駅舎

10分程待ち城端線の普通列車が到着しました。高岡駅へは一駅3分の移動です。私と同様に新幹線からの乗換と思われる乗客が多数乗っていました。

高岡行き普通列車

30分の盲腸線・氷見線氷見駅へ

高岡⇒伏木

 高岡駅へ到着後、跨線橋を渡り氷見線の乗り場へ。氷見線の乗り場には城端線と同じディーゼル車が停車していました。使用列車は、城端線と同じくキハ40系。

氷見線の普通列車

高岡駅を出発。高岡駅出発後は、あいの風とやま鉄道と少しだけ平行走行。しばらくした後、進行方向の左側に大きくカーブしていきます。

あいの風とやま鉄道と分岐する氷見線


高岡駅の2駅先にある能町駅を出発後、右手に曲がっていく線路があります。こちらは、JR貨物・新湊線の線路です。能町駅から2kmの所に高岡貨物駅があるそうで、貨物列車がわずかながら走っているようです。

能町駅で貨物線の線路と分岐

能町駅の一つお隣、伏木駅で留置されているJR西日本のラッセル車。線路に雪が積もった時に大活躍するのでしょうが、この時期はまだ雪が降っていないのでお休み中。。。

伏木駅に停車しているラッセル車

伏木⇒氷見

 伏木駅の一つ隣、越中国分駅を過ぎると、氷見線の絶景区間に入ります。氷見方面は進行方向の右手高岡方面は進行方向の左手を見ると間違いないです。


 越中国分駅を過ぎると手前には国分海浜公園が広がります。そして、雪化粧している立山連峰を遠くに見ることができます。

氷見線から見える国分海浜公園と立山連峰
画質が荒くてすいません・・・

若干、雲に覆われているものの、立山連峰全体を見ることができました。

ただし、列車の窓は汚れているので、綺麗に見たいなら、越中国分駅もしくは雨晴駅で途中下車することをおススメします!

氷見線から見える国分海浜公園と立山連峰


氷見線は富山湾を沿うように進みます。写真の右側に写っているのは男岩という名前が付いている岩です。少し離れた所には女岩もあります。

氷見線伏木駅と雨晴駅間から見える富山湾

氷見線は富山湾のすぐ近くを走るため、波の勢いをすぐ近くで感じることができます。

氷見線伏木駅と雨晴駅間から見える富山湾


男岩と立山連峰。画質が荒いのは列車の窓のせいです・・・。

雨晴海岸から見える立山連峰

カメラをズームにすると、少し綺麗に撮れました。晴れていて本当に良かったです。

氷見線から見える立山連峰


雨晴駅が近くなった頃に、女岩があります。女岩は、男岩と共に観光スポットとして紹介されているようです。また、雨晴海岸からは男岩・女岩、そして立山連峰を一緒に撮ることができるようです。

氷見線から見える女岩

この日は風が結構強かったのか、海も荒れていました。雨晴海岸の所では波が勢いよく押し寄せていました。

雨晴海岸を氷見線の列車上から見る

雨晴駅に到着しました。雨晴駅では雨晴海岸への観光客と思われる方が多数下車されていました。私も次回来る時は、この辺りでじっくり見てみたいです。

雨晴駅の駅名標

雨晴駅の駅名標

参考ページ:太田の自然・文化・歴史-雨晴海岸


 雨晴駅を過ぎると終点の氷見駅までは残り2駅。運賃表を見てましたが、氷見線の駅数が少なく、6駅しか表示されていませんでした。

列車内にある氷見線の運賃表

城端線で新高岡駅から高岡駅へ

高岡駅を出発して30分。終点の氷見駅に到着しました。

氷見線に到着した普通列車

氷見駅の駅舎です。国鉄時代からそのまま利用されている雰囲気があって、とても良いです。

氷見線氷見駅の駅舎

駅舎を出て、少し歩いたところから車止め方面を見てみます。車止めの先には、駐輪場と昔使用されていた腕木式信号機があります。

氷見駅にある氷見線の車止め

車止め方面の反対側、氷見駅のホームと停車中の普通列車。列車が止まっている線路の隣に線路がもう1本ありますが、現在は使用されていないようです。

氷見駅に停車中の普通列車


氷見駅前にある氷見の観光案内。

氷見へようこそ

氷見駅に到着して15分で高岡駅に折り返すので、急いで駅周辺を見てきました。

最後に、氷見駅の時刻表。1時間に1~2本ありますが、時間によっては1時間30分ほど待つ必要があります。。

氷見駅の氷見線時刻表

終わりに

再び、氷見線に乗車し30分ほど掛けて高岡駅に戻ってきました。途中から多くの乗客が乗ってきて、立ち客が出るほどでした。

高岡駅に停車中の氷見線の普通列車

高岡駅に戻ってきた後、駅の外に一回出ました。

高岡駅に自動改札機はありますが、あいの風とやま鉄道のICカード専用改札の為、切符を持っている人は有人改札を通る必要があります。

高岡駅の入口

この後は、高岡駅で時間を潰した後、城端線で城端駅を目指しました。その様子は別のページに続きます。

城端線乗車記と立山連峰

砺波平野を縦断する城端線と立山連峰【乗車記・駅探訪】


それでは、一旦ここまで。

今回の行程

新高岡駅11:48発 ⇒ 高岡駅11:51着/12:03発 ⇒ 氷見駅12:32着/12:44発 ⇒ 高岡駅13:15着


「JR西日本どこでもきっぷ」の特急乗車記

【683系】北陸への1番列車・特急サンダーバード1号で金沢へ

鳥取⇒大阪を爆走!特急スーパーはくと8号乗車記

【ゆったり381系】特急やくも3号乗車記 岡山⇒米子

乗車日:2021年11月28日(日)

スポンサーリンク

サイト内検索

トップページへ戻る

SNS

    -鉄道乗車記・駅探訪・廃線巡り
    -, , , , , , ,